FC2ブログ
あけましておめでとうございます。

昨年後半は、おかげさまでブログが全く書けないほど
忙しく過ごさせて頂きました。

今年も、さらに良い仕事が出来るよう頑張りたいと思います。

2018年も、D&Iをよろしくお願いいたします。
2017.07.23 ADC展
ADC
銀座で開催中のADC展へ。

今年のグランプリは「INDUSTRIAL JP」のウェブサイトと映像。

部品や機械を作る製造工程を、かっこいい映像と音楽に乗せて紹介するサイトで、
全体的にクールな作りなのだが、
映像の最後に登場する工場のおじさんが、
「これ撮って何かなるんかね…?」と言う素のコメントに思わず笑ってしまった。

このクライアントが中小工場連合会だったかな、
いわゆる部品なんかを作っている町工場6社が集まったという、何とも地味な団体で、
個人的には、このクライアントこそがグランプリ獲得に一役買ったのではないかと思った。

小さな町工場が集まり、お金を出し合って、このようなクールなブランディングをした事が、
川下では依然として厳しい景気を回復させようとする、
ひいては日本の中小企業に元気を与えようとする熱い意気込みに感じられ、
大企業がお金をかけて作った広告とは違う良さが、滲み出ていた。
こういう広告がもっと増えると良いと思う。


ADC展は毎回、一般作品と会員作品と、会場を別にして展示されるのだが、
最近よく思うのは、現実の仕事の参考になるのは一般作品ばかり。

会員作品は、巨匠達の伝統芸のアート展覧会のようで、
キャプションを見なくても誰の作品か一目瞭然。
コンセプトもビジュアルも技術もでぶっ飛びすぎていて、
今日明日の仕事の参考にはあまりならない。笑

巨匠同士が、お互いの作品を鑑賞し合うサロンのような雰囲気。

ADCはサロンだと言われるが、まさにその通りである。


ADC2017-3ADC2017-1ADC2017-2

2017.07.14 dancyu
dancyuのデザインが、
ナカムラグラフから細山田デザイン事務所に変わりましたね。

ナカムラグラフさんは大好きなデザイン事務所。
デザインされたパンフレットが置いてある店舗を探しに、
豊洲のショッピングモールまで行ったこともあります。

細山田デザイン事務所は、東急沿線に置かれているフリーペーパー、
「SALUS」のデザインをよく見ていました。

リニューアルとなったdancyuのデザイン、
ぱっと見、あまりトンマナを変えないようにしたのかな、という印象。
すっきりと大胆な、今っぽいレイアウト。

dancyuとかSALUSとか、
こういう系の情報誌デザイン、やってみたいなぁ。

1冊の中に流れがあって、年間を通しても流れがある。

企画会議、取材同行、撮影、イラストレーターへの発注、等々。

エディトリアルデザインは好きな仕事です。
6/28.29.30と3日間に渡って開催された
グラフィックデザインEXPO、
無事に閉幕しました。

ブースにお立ち寄りいただいたお客さま、
フライヤーやパンフレットをお持ちいただいたお客さま、
どうもありがとうございました。

想定より多くのお客さまにお立ち寄りいただき、
また、興味深く話を聞いて下さる方々も沢山いらっしゃって、
非常に嬉しかったです。

10周年を機に出展を決めた今回のEXPO、
大切なのはこれからですが、今のところは出展して本当に良かったと感じました。

名刺交換させて頂いたお客さまには、
また改めて御礼のご挨拶をさせて頂きます。

皆さま、本当にありがとうございました!






かれこれ10年ほど作らせてもらっている合唱団のフライヤー。

予算の都合で色校ナシの一発勝負だったが、
予想通り(以上?)の良い仕上がり。

使ったのはモンテシオンという紙。
ラフな手触り感があるけど、インクが乗った部分はグロス感が出て、
その対比が面白い。

この紙は、東日本大震災で被害を受けた石巻の製紙工場で開発されたもので、
復興支援商品という位置づけらしい。

質感と価格のバランスが良くて選んだものが、結果的にそういう紙だったのだが、
それって実は重要な事で、いくら復興支援という名目があっても、
肝心の物が良くなければ選んでもらえない。

名目どうこうではなく、優れたものを提供することで自然と復興支援に繋がる、
それこそ継続的で皆がハッピーになれる一番の方法なんだと思う。