FC2ブログ
バカはどっちだ?
編集 | 削除
よく、
“デザインは理性と感性のバランスが大切"と言われる。

感覚だけでデザインしてはいけないということだ。

パッと頭に浮かんだイメージは、
理屈として合っているかを検証する必要がある。

でも、最終的に合っているかどうかを判断するのは自分の感覚であって、
そこに数学のような唯一無二の答えがあるわけではない。

この商品のイメージにはこの色。
このコピーの内容なら、この書体。

一見確かな理屈のようでも、
一つ一つの判断を下すのは、他でもない感覚だ。

ならば、その集合である最終的なデザインは、
感覚によって作られたものといえないだろうか。

それをあたかも感覚には頼っていないようなふりをして、
“これは目的達成のための理に叶ったデザインである"と言い切るのは
少々カッコつけすぎな気がする。

氾濫するデザイナーのインタビュー記事を読んでいて、
そんなことを思った。
by tbm18363 | 2008-05-09 01:54 | デザインについて

スポンサーサイト