FC2ブログ
2008.04.13 週末日記
週末日記
編集 | 削除
土曜日、TDC主催の希望塾の初回講義へ。

講師は立花文穂氏。
写真から受ける印象は怖そうだったが、
体温を感じる温かいタイプの人だった。

僕の印象では、考え方や作品がかなりアーティスト寄りで、
相手にいかに伝わるかを考えている広告よりの自分には、
クロスする部分を見つけにくい内容ではあったのだが、
“作品に、作っている人自身が見えてくるかどうかが一番大事”という氏の言葉は、
広告デザイナーとしても忘れてはいけないことかもしれない。

その後、gggでTDC展を見たが、あまりの人の多さに、早々に退散。
来週再訪することに。

代官山へ移動して(g)で行われているワビサビ展の最終日へ。

ワビサビは前から好きで、ケータイの待ち受け画面も彼らの作品にしている。
先日のトークショーも予約までしていたのだが、当日体調不良で行けず。
何とか最終日に駆けつけることができた。

『ホルモンフォント』や『青山フラワーマーケット』などを生で見られた上に、
工藤“ワビ”良平さんと少し話も出来て大満足。
とても混んでいたにも関わらず、工藤さんは来場者一人一人に“こんにちは”と声をかけ、
出てゆく際には“ありがとうございました”とお礼を言っていた。スゴイ。
(僕のときは帰りに階段のところまで来て見送ってくれた!)

その後、恵比寿三越へ行き、サヴィニャック展を見る。

原画が思ったより安めで30~200万円ぐらい。
いつか買ってやろうと心に誓う。

そのまま三越内にある文具コーナーで、
エトランジェ・ディ・コスタリカのステーショナリーを大人買い。
大きな紙袋を提げて帰宅。


日曜日は、ラーメンズ・小林賢太郎のソロライブ『DROP』の千秋楽を観に、
世田谷パブリックシアターへ。

チケットが取れないことで有名な彼のライブだが、
今回は前日から当日券を求めて並んだ人がいたらしい。
なるほど立ち見も出るほどの大盛況。(何だか昨日今日と大盛況のハシゴをしている)

彼の舞台は久しぶりに見たが、やはりスゴイ。

誰もが子供のころの純粋な気持ちに戻って、
“楽しい!なるほど!どうやって!?すげー!”と思える、
密度が濃くてあっという間の二時間。

芝居でもお笑いでもパフォーマンスでもなく、
しかしそのどれでもあるような、唯一無二な彼の世界。
観客の誰もが彼のことを好きになってしまうような、
すばらしくて羨ましいエンターテイメントだった。
こちらも次回の再訪を誓う。

いいものをいっぱい見れた二日間。
さーて、オレも頑張るか。
by tbm18363 | 2008-04-13 22:53 | 近況

スポンサーサイト