FC2ブログ
アトリエ時代、石膏デッサンを描くときには、
必ず途中で何度か席を立って、
少し離れたところから自分のデッサンを見るように言われた。

いわゆる客観視。

デザイナーになって15年経った今も、
そのことを時々思い出す。

仕事上で必要な客観視は2つ。

1つはビジュアルの客観視。

ビジュアルにおける客観視の
最も簡単な方法はプリントアウトすること。

画面上だけで作業していると、
だんだん麻痺してくる。
色も画面上はRGBでとてもキレイだし、
レイアウトも整って見える。

しかしプリントアウトしてみると、
途端に現実をたたきつけられる。

色は冴えを失い、
レイアウトや文字組みの粗が見えてくる。

自分で自分に赤字を入れて修正を施す。

そして最近発見した、
ビジュアル面におけるもう一つの客観視の方法は、
デザインをPDFにしてメールに添付してみること。

メールの文面を書き、PDFを添付してみると、
文面からの流れでデザインを見ることが出来るので、
相手の目線で冷静にデザインを見ること出来るのである。

添付したPDFを破棄して、
デザインを修正したことが何度もある。


そして、仕事上で必要なもう一つの客観視、
それは思考の客観視。

デザインはおそらく、
“どういったデザインにするか"を考えるより、
“どういう考えでデザインをするか"の方が大切だと思うのだが、
そのためには思考の客観視が必要である。
(コンセプトとは違う、もっとスタンス的なもの)

Macの画面に向かっていても思考は客観視できない。
ノートを広げてエスキースをしていても、やはり客観視はできない。
打合せをしているときなどは、いかにも物事を考えていそうだが、
実際には会話の反射神経で成り立っていることがほとんど。

仕事中は、意外と思考停止状態なのだ。

思考の客観視をするには、
“仕事中"というもっともらしい時間の流れから降りなければならない。

そしてそういう意味では、
24時間仕事のことを考えている必要がある。

OFFの時間は仕事のことを一切忘れるということも
とても大切なことだと思うが、
同時に、仕事のことを常に忘れないということも大事だと思う。

それは義務などではなく、自然とそうなる。

デザインが上手くいっていないときはそのことが頭から離れないし、
酒を飲もうが、友人と騒ごうが、それは一時の現実逃避にしかならない。
仕事のストレスは結局仕事でしか晴らせないのだ。

そういう訳で、今進めている仕事も、
なかなか客観視が出来なくてもやもやしていたのだが、
さっきシャワーを浴びているとき、急に頭の整理が出来た。

今夜はぐっすり眠れそうな気がする。

スポンサーサイト



Secret

TrackBackURL
→http://dandimagine.blog13.fc2.com/tb.php/222-abd57888