FC2ブログ
バタフライストロークのギャラリー、@btfにて行われていた
「スクール オブ グラフィック デザイン」展へ行ってきた。

この展示は、同名の書籍の刊行を記念して行われたもの。
前作、「スクールオブデザイン」はメンバー4人が、
とくに脈絡無く、デザインについてのツボや心得を書いていたが、
今回は、オリエン~アイデア出し~プレゼン~校正~完成に至るまで、
グラフィックデザインの制作にまつわる場面が、
4人のトークセッション形式によって、順序立てて書かれている。

展示も、本の内容に沿って、アイデアスケッチから、試作、色校正など、
普段お目にかかれないようなものまで、順序立てて並べられていた。

それはそれでとても興味深い展示だったのだが、
少し思ったのは、今回は4人の制作物が混在していたので、
もしこれをそれぞれのラフ~カンプ~色校~完成品、と並列に展示されていたら、
4人の仕事の進め方の違いなども見られて、さらに面白かったのではないだろうかという事。

それは本の内容にも当てはまることで、
やはり4者4様のスタンスがあり、
それをメンバーの潤滑油的存在である水野さんがまとめているのだが、
一つの指針としてまとめるには無理がある場面もちらほら。

もちろん、共通している部分もたくさんあって、
とくに基本的なスタンスの部分ではそうなので、
そこは、駆け出しのデザイナーや学生にはとても参考になる部分だと思うが、
その先のこだわりみたいな部分になると、良くも悪くも統一感はない。
バスケのドリームチームが、チームとしてはものすごく強いけれど、
一人一人は超個性的で、一つにまとめるのは難しいといった感じか。

あと、今回感じた問題点として、
駆け出し目線の人がいないということが挙げられる。

ここでも水野さんが、その役割を買って出て、
三人に質問をぶつけたりもしているのだが、
やはり水野さんも日本を代表するトップディレクター。
駆け出しや学生の目線になりきれない部分がある。

お笑いや、芝居でもそうだが、
舞台上で、客と同じか、もしくは客よりアホな人物を演じることで、
客が俄然食いつくということがある。

スクールオブデザイン、唯一の弱点はそこにある気がする。

以前、トークセッションで、客から質問を募集して、
それに4人が答えるという試みがあったが、
質問を読み上げた後は、4人のペースで話が進んでしまうので、
質問者とのラリーにならず、かゆいところに手が届くような質疑応答にはなりにくく、
さらに、レベルの高い4人だけに、
レベルの低い質問に対する掘り下げ具合(切実さ)が弱くなってしまう。

もし、次回そういった試みがあるなら、駆け出しのデザイナーや学生、
もしくは全く違う業界の人などを、生徒役として立てると、
より、リアルなスクールオブデザインになる気がする。


ところで、今回の書籍は前回とは異なり、ペーパーバック風の装丁で、軽く、読みやすい。
内容が教科書的なものだけに、教科書然とした雰囲気を敢えて避けたのだろうか。
(ちなみにチーフデザイナーは古平さんとのこと)
個人的には好きなテイストだし、軽くて持ちやすいのも嬉しい。
ただ、紙が粗いので、ビジュアルブックとしては前回の方が上。

内容は、本当に盛りだくさん。
グラフィックデザイン制作にまつわる、ありとあらゆる場面について
「デザインのコツ」が書かれている。

しかし、この本の一番の肝は、
最後に4人それぞれが1~2ページずつ語る、「本当のコツ」だ。

ここで、デザインに向かう「姿勢」の大切さが、
異口同音に語られている。

この5ページこそ本当のコツで、
それ以前の百数十ページは、
その上に成り立っている技術論のようなものだ。

この「オチ」を読んで、“この本を買って良かったな"と思える。

原研哉さんも「デザインのデザイン」という本を出しているように、
デザインは、Macのモニタ上で色や形をあれこれ悩む前に、
まずデザインするという行為そのものを、自分の中でどう理解し・解釈するかということが、
なによりも重要なのだ。


スポンサーサイト



Secret

TrackBackURL
→http://dandimagine.blog13.fc2.com/tb.php/208-9b870c2a