FC2ブログ
自宅を仕事場にしているので、
たいてい明け方まで画面に向かっています。

最近は、自社のWEBサイトのためのページや
グラフィックを作っていますが、
こういう作業は時間を忘れて没頭してしまい、
あっという間に4時、5時になってしまいます。

多摩美時代、講演に来た松永真さんが、
「デザイナーはスポーツ選手と一緒。
 普段から鍛錬を重ねることで、
 いざというときに好記録が生まれる」
と仰ったのを、今も覚えています。

そういう意味では、
一応毎日手を動かしているので、
鍛錬にはなっているかもしれません。

ただ、
「大切なのは、蝶のように舞い、蜂のように刺すこと」
とも仰られていました。

これは、仕事を依頼されたとき、
ただやみくもに針を刺すのではなく、
デザインで解決すべき問題点を空からふわっと見下ろし、
核となる部分をよく見極めて、狙いすました一刺しを
お見舞いする、ということです。

そういう意味では、今現在僕がやっていることは、
自分で作ったルールの中で行うゲームというか、
外からの制約がない制作状況なので、
問題を解決する鍛錬はあまり出来ていません。

デザイナーの仕事は、かっこいいデザインを作ることではなく、
優れたデザインによって問題点を解決することと、
その解決法をクライアントに納得させることです。

時々外の冷たい風に当たって、
井の中の蛙にならないようにしなければ。
スポンサーサイト