FC2ブログ
デザインという料理
編集 | 削除
料理人が客に対して、
“この肉はサッと炙って塩で食べると旨いですよ”
と薦めたとする。

“私も塩がいいと思っていた。それで調理してくれ”という客、
“本当だ、変に味付けするよりこの方が旨い”と気付く客、
“塩よりソースをかけてくれ”という客。

客にはいろんなタイプがいて、
一概にどれが正解とも言えない。

その料理人のことが好きで、わざわざ店にやってくる客、
何となく旨そうな店だったのでフラッと立ち寄った客、
とりあえず腹一杯になればいいという客。

有名店には、それなりにグルメな客が来るが、
無名店には、どんな客が来るか分からない。

とりあえず腹一杯になればいいという客に対して、
料理人はどうあるべきなのか。

料理人としてのプライドがあるなら、
やはり精一杯の料理を出すべきなんだろうが、
割り切って、実験をするのも良いかもしれない。

10分かかるハンバーグを5分で作ってみる実験とか、
いつもは使わない材料を使って同じ味を出す実験とか。

そうでもしないとやってられないのが現実。
プロの料理人はお人好しには務まらない。


にほんブログ村 デザインブログ グラフィックデザインへ
by tbm18363 | 2008-12-19 00:43 | デザインについて

スポンサーサイト