FC2ブログ
THA/中村勇吾のインタラクティブデザイン@ggg
編集 | 削除
カッコイイ。
以上。

と言いたくなるほど、シンプルでカッコイイWEBサイトばかり。
(正確には“インタラクティブデザイン")

今回の展示は地下が面白く、
「ピッ、ピッ、ピッ、ポーン」と時報のデジタル音が流れる中、
幾つもの液晶モニタの中のインタラクティブデザインが、
それに合わせて秒刻みで動いている。

そして1分ごとのカウントダウン、「ピッ、ピッ、ピッ、ポーン」に合わせて、
すべての画面全体がR(まっ赤)→G(ま緑)→B(まっ青)となり、
「ポーン」で彼らのロゴが映し出されて、
また1秒目から作品の続きが始まるという仕組み。

会場内の全ての画面がR→G→Bと変わっていく様は、
狭いギャラリーながらちょっと壮観。

今回は中村勇吾氏が所属する「tha」名義での企画展なので、
彼以外のアートディレクションによる作品もあるのだが、
じーっと画面を見ていて、“何か気持ち良い"と感じるものは、
キャプションを見てみると、決まって中村勇吾デザインのものであった。

ひねってないから雑味がない。
シンプルな表現でカッコよさのど真ん中を突いてくる。
ピッチャーで言うとストレート勝負の本格派。
そして、動きの微妙な間が生理的に心地よく、
デザインには品があって、どこか優しい。

天才だなぁと感慨にふけっていて、
彼が東大出身であることを思い出した。
そういえば、佐藤雅彦さんも東大か。

すげーな、東大。


by tbm18363 | 2008-08-13 02:02 | 中村勇吾

スポンサーサイト