FC2ブログ
2007.05.10 価格
価格
編集 | 削除
デジカメを買い換えようとずっと思っていて
最近やっと欲しいものを見つけたのですが、
その価格が¥66,000します。

デジタル一眼ではなく、
コンパクトタイプで¥66,000。

最近のコンパクトカメラは大体¥30,000前後でしょうか。

普通のデジカメが二台買えるというだけでも
高く感じますが、僕が欲しいそのデジカメ、実は中身は
Panasonicブランドで発売されている¥30,000のものと全く同じなのです。

なぜ倍の価格なのかというと、
それがライカから発売されるからです。

Photoshop Elementsという、簡易版Photoshopが
付属しているという理由もありますが、
本家Photoshopを使っている僕には関係ありません。

同じ性能のカメラが、ライカのボディに包まれると
価格が倍になってしまう不思議。

普通ならばかばかしいと思うところですが、
ライカ版の方は外観のデザインが違います。

Panasonicから発売されているものは、
所謂今時のデジカメっぽいデザインなのですが、
ライカ版のほうは無駄な装飾がなく、シンプルな黒いボディに
あのライカの赤いロゴがワンポイントで入っています。

たったこれだけで、見違えるほどカッコいいのです。

ライカが歴史あるカメラメーカーであるという事実も
カッコ良さの一因を担っていますが、
やはりデザインの重要性を感じずにはいられません。

このカッコ良さに¥66,000を払う人間と、
ばかばかしいと思ってPanasonicの方を買う人間、
どちらかが正しいということはないと思います。
何を優先するかだけの違いです。

僕はライカの方が、デザイン的に好きだし、
いつも持っていたいと思うだろうし、
気の合う友人にも見せたいと思うだろうし、
使うときにとてもワクワクするだろうと思います。

もちろん安いに越したことはないのですが、
価格って、そういうものを全部含めた、
そのものに対する自分なりの価値だと思うので。

僕も、こだわりのないものに対しては価格の安さを最優先しますが、
何でもかんでも安ければ良いというスタンスは寂しいことだと思うし、
価格を追求しすぎることで、良くない結果がもたらされるということは、
世の中の数々の悲しい事例が証明していると思います。
by tbm18363 | 2007-05-10 19:31 | 近況

スポンサーサイト