FC2ブログ
ラーメンズ「TOWER」
編集 | 削除
ラーメンズ第17回公演「TOWER」へ。

ライブは初だったが、
DVDで見た通りのラーメンズっぷりで、
安心して楽しめる内容。

小林賢太郎は、尊敬する芸人の一人だが、
とにかくバランス感覚がすばらしい。

オムニバス形式のコントは、
間で笑わせるコント、客に想像させるコント、
言葉遊びのコント、マジックを交えたコント、
見た目で笑わせるコント、中学生のような暴走コント、
セリフのやりとりを高速で畳みかけるコント、等々。

一つとして同じものが無いコント。
その順番や構成のバランスがすばらしい。

オープニングは緊張感のあるシーンから始まり、
徐々に緩和させて笑いを大きくさせてゆく。
じっとしているコントの次は動き回るコント。
頭を使うコントの次は、頭空っぽで楽しめるコント。

一つ一つのセリフをとっても、
理論的なセリフと感情的なセリフのバランスが良いから、
難しすぎて退屈になることもないし、
ばかばかしくて飽きることもない。

きっとめちゃくちゃ頭良くて、
めちゃくちゃ考えて創ったコントだろうけど、
見る側にそう感じさせないようにしている。
そのさじ加減がまた絶妙。

ただひとつだけ懸念材料が。

客層は女性が圧倒的に多いのだが、
開演と同時に“笑おう"という空気になっていて、
ちょっとしたことですぐに笑いが起こる。

あれはやりにくいだろうと思う。

ラーメンズは、反応がダイレクトに返ってくる醍醐味を味わいたいから
テレビに出ないと聞いたけど、
黄色い声援に近い反応が溢れている空間でやるのはどうなんだろう。

島田紳助が、漫才ブームの頃に、
女の子だらけの客前でばかりやっていたら自分たちがダメになると思って、
気持ち的にはテレビカメラの向こうにいる男性や同業者に向かって漫才をしていた、
という話を聞いたことがある。

ラーメンズならそんなことぐらい百も承知だろうが、
あの“ぬるい反応"は、結構な芸人殺しだなぁと思う。

閑話休題。

good design companyによる宣伝美術は、
今回もものすごく凝っていた。

入口でもらうチラシが立派なお土産になるのは、
ラーメンズぐらいではないだろうか。




↑台形になっているチラシ。文字の部分はシルク印刷?
とにかく厚盛りで、微妙に金の混ざった真っ黒なインク。



↑空押しやパンチング、ニス引きなど、凝った加工がめじろ押し。



↑裏面のテキストもすべて台形になってる。



↑ボール紙並みの厚紙。竹尾のファーストビンテージ?



↑懐かしの三部作。


にほんブログ村 デザインブログ グラフィックデザインへ
にほんブログ村
by tbm18363 | 2009-06-18 01:45 | 水野学

スポンサーサイト