FC2ブログ
ぽいか、ぽくないか
編集 | 削除
少し前の話になるが、頭痛薬「ナロンエース」の新製品、
「ナロンエースR」が発売された。

このパッケージデザイン、モノクロの配色や太めの罫線、
余白を多めに取ったレイアウトが今っぽくてカッコイイ。
薬っぽくなくてCMでも目立っている。

ただ、この“ぽい"か“ぽくない"かというのは結構重要で、
食品や医薬品など、自分の身体に直接関わるものを選ぼうとするとき、
人は“それっぽいもの"を選ぶ傾向がある。

冒険したがらないのだ。

元素や分子が組み合わさっているCGや、化学式の羅列といった見慣れたモチーフは、
人が安心して買うことの出来る“薬っぽさ"を簡単にイメージさせることが出来る。

また、医薬品のパッケージに必要なのは、
言うまでもなく“効きそう"と思わせることである。

薬を買う人は何らかの症状を抱えているわけで、
そういった人たちが、“パッケージがカッコイイから"という理由で
薬を選ぶことは考えられない。

最も自分の症状に合致していそうで、最も効きそうな薬を選ぶ。

これら二つの意味において、ナロンエースRのパッケージは、
(意図しているかどうかは分からないが)チャレンジしている。

おそらく、ビジネスマン向けの商品なので、
スーツに似合うデザインというコンセプトなのかもしれない。

たしかに、キオスクでガムの隣に並んでいたり、
スーツカンパニーのレジ横に置いてあったら売れそうなデザインである。
(薬事法的に無理だが)
ただ、薬局の棚に並んでいるとき、このスマートなデザインが
力を発揮できるかどうかは疑問だ。

実は私はナロンエースのヘビーユーザーで、
年に4~5箱は買っていると思う。

今日も薬局に行き、気になっていたナロンエースRを
買ってみようかとも思っていたのだが、
店頭での売価を比較したら従来品の方がかなり安かったので、
結局そちらを購入したのであった。

余計なお世話かもしれないが、
新商品は最初だけでも安くした方がいいのではないだろうか。
それとも、もうその期間が終わってしまっただけなのか?


にほんブログ村 デザインブログ グラフィックデザインへ
にほんブログ村
by tbm18363 | 2009-05-13 01:27 | デザインについて