FC2ブログ
佐野研二郎トークショー「攻めるデザイン」
編集 | 削除
MR_DESIGNを立ち上げて1年、
佐野さんが今どんなことを考えているのか知りたくて
青山ブックセンターへ。

200名ほど入った満員の会場で、
佐野さんは、いつものように大きな声でハキハキと
明快なデザイン論を展開する。

「白馬の王子様は来ない」
「名前が良いと、モノも良い」
「瀧本幹也の撮影はなぜ晴れるのか」
「美大生モード+親戚のおばさんモード」
「長嶋りかこに怒りマーク」
「黒ケンマスター・DRAFT」

などなど、タイトルを聞いただけでも
そそられるような話のオンパレード。

その中から一つだけ紹介。

「長嶋りかこに怒りマーク」

長嶋りかことは、博報堂の敏腕アートディレクターで、
元佐野チームの一員でもある。

かつて、ラフォーレの競合プレゼンで、
プレゼン当日の朝まで作業を行っていた佐野チーム。

集合時間にラフォーレに集まってはみたものの、
カンプ一式を持った長嶋りかこだけが、待てど暮らせど現れない。

何度ケータイに電話しても一向に出ない長嶋。

博報堂のプレゼン時間になっても連絡がつかず、
仕方なくラフォーレ側に事情を説明して
順番を後回にしてもらった佐野さん。

そしてようやく繋がった長嶋のケータイから、
“今、起きました…”の声。

仕方なく、近所の喫茶店で時間を潰す佐野チーム。

ようやく現れた長嶋に対し、佐野さんは…

バカヤロー!!と怒鳴るでもなく、
自分のこめかみに、マジックで大きく怒りマークを書いて
普通に迎えたのだそうだ。

その後のプレゼンに、そのまま臨んだ佐野さん。
クライアントから、“あ!”と大ウケされ、
結果、その競合プレに見事勝利したのであった。

怒りマークだけがプレゼンの勝因ではないだろうが、
そんなユーモアというか余裕のあるリーダーって最高だと思う。


これまでも何度か佐野さんの話を聞いたが、
今回アップデートされた内容が多く、
勉強と笑いに満ちた、充実の2時間だった。


↓会場で配られた地球ゴミ袋。



↓家宝。








にほんブログ村 デザインブログ グラフィックデザインへ
↑にほんブログ村ランキングへ
by tbm18363 | 2009-02-23 02:20 | 佐野研二郎