FC2ブログ
2008.03.20 文章の文章
文章の文章
編集 | 削除
文章を書くのは時間がかかる。

このブログを書くのも1時間近くかかる。

最初にテーマを見つけ、
それをどう表現しようかで、まず悩む。

おおよその材料と流れを頭の中で組み立てたら、
導入にちょっと気を使って書き始め、
その後は、勢いを付けて一気に書き進める。
終わりに近づいたら一旦筆を止め、
流れに沿った締めを考える。

締め括ったら一旦完成。

そして、推敲。

ここからが長い。

勢いに任せた文章を読み返してみると、
あちこちにほころびがある。

同じ言葉が繰り返されていたり、
“てにをは”が気持ち悪かったり、
読んだときのリズムが悪かったり。

語彙が少なく、最初から的確な表現が出てこないことも多い。
類語辞典などに助けてもらいながら、
何度も修正を加える。

一部分を直すと、前後との繋がりが変わるので、
頭から読み直して、全体のバランスも整える。

これで二度目の完成。

今度は、修正を加えすぎて堅くなった文章を、
わざと少しだけ崩す。

口語表現を混ぜたり、
主語や述語を敢えて外したり。

最後に、もう一度全体のバランスを見直して、
ようやく完成。

こうやって手順を並べると面倒くさそうだが、
本人は楽しんでやっている。

前後の辻褄が合うと、パズルを解いたようにすっきりするし、
一語を変えただけで、全体の印象がガラッと変わる快感は、
オセロのようでもある。

文章を組み立てることは、
言いたいことをいかに相手に伝えるかを考えること。

つまりデザインと全く同じ。

全体と細部、トーンとリズム、
大胆と緻密、熱さと冷静さ。

いずれも、言うは易し、行うは難し。

以前書いた日記を改めて読み直すと、
どこかしっくり来ないものも多い。
書いたときは、“出来た”と思っていたにも関わらず。

これもデザインと同じ。

生ものなんだな、きっと。
by tbm18363 | 2008-03-20 03:34 | その他