FC2ブログ
Helvetica ≠ Frutiger
編集 | 削除
テレビ東京で金曜日の深夜に放送されている
「Design Channel」。

デザインに関するニュ-スや、
著名デザイナーの講義を放送する
デザイン情報番組なのですが、
先日ちょっと気になることがありました。

「Helvetica(ヘルベチカ)誕生50周年」というニュースの中で

“Helveticaはフルティガー氏が開発した書体で...”

と紹介されていたのです。

フルティガー氏はタイプディレクターで、
本人の名を冠した「Frutiger」や、「Universe」などの
書体を作った人です。

僕はそのどちらの書体も好きで、
自社のロゴもFrutigerをもとにしています。

一方、Helveticaは世界で最もポピュラーな書体の一つで、
サンセリフ体(=ゴシック体)の代名詞のような存在です。

でも、フルティガー氏がHelveticaを作ったという話は
一度も聞いたことがなかったので、慌ててネットやWEBで
調べてみたのですが、やはりそういう事実が見当たりません。

そこで、テレビ東京に
「Helveticaを作ったのはフルティガー氏ではないのではないか」
という旨のメールを送りました。

すると後日、制作担当の方から、
「Helveticaはフルティガー氏の作ったものではありませんでした。」
という謝罪のメールが送られてきました。

その後2回ほど放送を見逃してしまったので、
番組で訂正がなされたのかは分かりませんが、
一つの情報に頼ることの危険性を改めて感じました。

僕もFrutigerやUniverseが好きだったからたまたま気付いたものの、
そうでなければ、その情報を鵜呑みにしていたと思います。

同じような学生がいなければ良いのですが。

by tbm18363 | 2007-09-21 14:31 | フォントについて