FC2ブログ
佐野研二郎展_ボツ
編集 | 削除
ガーディアンガーデンにて行われている
佐野研二郎展_ボツへ。

ひとつぼ展でお馴染みのこの会場内を、
氏のボツカンプで埋め尽くそうというのが
今回の展覧会の意図。

壁一面にカラー出力が貼られている。
どの作品も同じ質感でベタベタと貼られている。
蛍光色のかわいいドラフトテープで貼られている。

TブーSや、LISMOなど、
氏の代表的な作品群が、デザイナーにとって
とても身近な「カラー出力」という形態で
同列に展示されているのが面白い。

そして、無数のカンプに囲まれた
この空間が、なぜか心地よい。
圧迫感を感じない。

おそらく、氏の作品の持つ
温かさ、大らかさのせいだろう。

実は一年前ぐらいまで、
佐野研二郎氏の作品は好きではなかった。

アイデアやトーンが
単純だと思っていたのだ。

しかし、最近0を支点に点対称させたぐらい、
氏の作品が好きになった。

きっかけは書店でふと手に取った
『佐野研二郎WORK SHOP』。

佐野氏は、伝えるべき要素を
人々に素早く、確実に理解してもらうために
どうしたら良いかを考えたという。

また、色も形も書体も
とても厳しく吟味されていることが分かった。

その結果が、“単純”とは違う、
あのSIMPLE、CLEAR、BOLDな表現だったのだ。

氏の作品を見ていると、
古き良き外国のデザインを想像する。

国籍や年齢に関係なく、
誰にでも伝わるシンプルなコミュニケーション。
そしてどこか心が温かくなる。

うーん、すばらしい!

http://rcc.recruit.co.jp/gg/exhibition/gg_ex_current/gg_ex_current.html
by tbm18363 | 2007-06-15 15:20 | 佐野研二郎