FC2ブログ
2007.04.27 07 TDC展
TDC
昨日の夕方、銀座に行った。

銀座は以前勤めていた場所だが、
中央通りの、あのどこまでも真っ直ぐな感じが好きだ。

松屋、アップル、シャネル、ユニクロなど、
見るだけでワクワクする建物が並んでいるのも好きだし、
歩いている人たちも、新宿や渋谷とは違って好きだ。

7丁目にあるgggへ、TDC展を見に行った。

最終日とあって、いつもの3倍ぐらい人がいる。

今年の受賞作品群は年鑑で既に見ていたのだが、
一流の人間が作ったものは、デザインに限らず、
実物を見ないと、その本当の良さが分からない。

今年も案の定、そういう作品がたくさんあった。

グラフィックデザインは、カテゴリー的には「平面」だが、
優れた作品は「立体」と言っても過言ではない。
紙の質感、インクの盛り方、型押し加工など、
近寄って斜めから見ないと分からないようなこだわりが、
随所に散りばめられている。

グランプリは服部一成氏の作品で、
アルファベットA~Zまでを、すべて異なる書体で、
手書きでトレースしたもの。

“X”が、何の書体でもなく、今をときめく
レッド・ソックスのユニフォームから取った“X”だったのだが、
これは推測するに、幼少時の服部氏本人へのオマージュではないか。

服部氏は幼い頃、ジャイアンツなどのユニフォームの文字を
写し取って遊んでいたらしい。

自分のバットやグローブに、プロのマネをして
マジックでマークや背番号を書く、
男の子なら誰でもやったことのある、あれである。

そのときに服部氏は、今まで味わったことの無い楽しさを感じたらしく、
後で思えば、それが自分の「文字」に対する目覚めであったと言う。

なぜ、僕は目覚めなかったのだろう…。

ジャイアンツのマークはほどほどに、
ドラえもんやガンダムばかり描いていた気がする。

何かの役に立っているだろうか。
スポンサーサイト