FC2ブログ
佐野研二郎さんによるアイデア発想法&時間管理術、
『今日から始める思考のダイエット』

佐野ファンなので、発売日に購入。

『思考のダイエット』というタイトルから、ある程度予想していたが、
デザイン書のコーナーではなく、自己啓発書のコーナーに置いてあった。
しかも平積み!

この表紙、スミ一色だけど、とても目立つ。
そして、ポップだけど、品があって美しい。

文字組みとかアイコンの感じが
どことなく佐藤雅彦さんぽくて(と言っては失礼か)、
とても好みだ。

そういえば、『佐藤可士和の超整理術』も『グッドデザインカンパニーの仕事』も
『デザインのデザイン』も白地にスミ一色だった。

どれも勿論パクリなんかではなく、それぞれがベストと思った結果が、
白地にスミ一色というのが面白い。
(そういえば、大貫さんは白地に白だったなぁ)

内容は、これまで佐野さんがいろいろなところで語ってきたことの
集大成(+進化バージョン)といった感じ。

機能するデザインにするにはどうすれば良いのかについて、
いろいろな角度から語られていて、
デザイン業界にとどまらず応用できるスキルとして纏められている。

その中でも、とりわけ僕が“これぞ佐野さん"と思ったのは、
「美大生と近所のおばちゃん」の話。

自分の作ったデザインが、
デザインマニアの美大生と、デザイン音痴の近所のおばちゃん、
どちらにも受け入れられるものでなければいけないということ。

誰もがパッと見て分かる、明快なコミュニケーションが成り立っていながら、
玄人をも唸らせる細部のこだわりを併せ持っているデザイン。

それこそ佐野さんのデザインが持つ最大の魅力だと思う。
(偉そうにスミマセン)

佐野さんは、よくADC賞を獲るよりオリコン1位の方がすごい!と言っているが、
僕もそう思う。(ADC賞を獲っていない自分には、言う資格はないけれど)

ADC賞などのデザイン賞は、どうしても新しい発想や、ビジュアル、
すぐれたコンセプトなどが評価される。

しかし、世の中に機能している、影響を及ぼしているという点では、
一番売れているものや、誰もが知っているもの、どこでも目にするものの方が、
実はすごいことなんじゃないかと思う。

そういう意味で、佐野さん、佐藤卓さん、そして大貫卓也さんは、
その2つを両立させている、ものすごいデザイナーだと思う。

昨日、家に帰ってテレビを点けたら、
偶然佐野さんが出ていた。

「24channel」という、Kinki kids・堂本剛の番組で、
番組の中吊り広告を作ろうという企画だった。

その中で、象徴的なシーンがあった。

堂本剛と佐野さんがぶらり途中下車の旅よろしく、
江ノ島あたりの駅で降り、そこで10代の女の子達と会話を交わすのだが、
その女の子達は当然、剛のことは知っている。目がキラキラしている。
隣にいる佐野さんのことは全く知らない。というか眼中に入っていない。

しかし、そこで堂本剛が佐野さんのことを、
「この人、LISMOのキャラクターとかデザインしてる人」と紹介するや、
「えーっ!すごーい!!」と、一気に女の子達の佐野さんを見る目が変わった。
そして、「私のケータイ、LISMO!」と言って、佐野さんに画面を見せたのだ。

佐野さんはニコニコと笑っていたが、
おそらく心の中でガッツポーズをしていたのではないだろうか。

自分のことは知らなくても、LISMOのことは当たり前のように知っていて、
自分のデザインが彼女の日常の一部となっている。

これぞデザイナー冥利に尽きるのではないだろうか。


しかし、これだけすごいのに、お高くとまらず、
どこまでも気さくな人柄でありつづける佐野研二郎さんは、
本当にすばらしい。

デザインって、結局は人間なんだろうな。

たぶん。


sanobook
スポンサーサイト



佐野研二郎×瀧本幹也トークショー
編集 | 削除
銭湯の壁に描かれた富士山の絵が、
お風呂を気持ちよい空間にしていたように、
現代の窓のない風呂を心地よい空間にすべく生まれたのが
佐野さん考案の『BATHART』。

瀧本幹也さんが撮った気持ちいい写真を、
お風呂の壁に貼れるポスターとして商品化したもの。

その発売と展示会を記念して行われたトークショー。

開始早々、いつものように時事ネタで場の空気を和ます佐野さん。
(今回はマイケルネタだった)
笑いを交えながらの明快なトークに、会場の美大系女子たちは釘付け。

一方、瀧本さんはマイペース。
朴訥とした話しぶりで、
トークの割合は佐野さん8に対して瀧本さん2。
ある意味グッドバランス。

それぞれ最近の仕事をスライドで見せながらの解説。
二人で組んだ、インテグラ、としまえん、ザ・コラーゲンなども紹介された。

佐野さんが瀧本さんに渡すラフは、曰く“ポンチ絵"。
子どもの落書きのようなラフで、
クライアントにもそれで通すらしい。

何でも、精密なラフはクライアントも細かいところを指摘し出すので、
これぐらいの方が、“う~ん、上手く撮ってね"とOKされるらしい。
(佐野さん&瀧本さんだからだろうけど…)

ただ、これは二人とも言っていたのだが、
撮影で、完成度の高いラフに“近づけていこう"とすると、
小さくまとまってしまいがちなんだという。

瀧本さん曰く、
“完成度の高いラフは安心感があるんだろうけど、
それに向かっていく作業のつまらなさを感じる"という。

これって佐野さんがよく言う、空欄を埋める作業、
“塗り絵的なクリエイティブ"と同じことだと思う。

現場で必ず起こるトラブルや想定外の出来事をプラスに転化して、
自分の想像を超えた領域までいかに跳ばせるか、
そこがクリエイティブの醍醐味だという。

なるほど~。

やっぱり作る側が作業だと思って作っていたら、
どんなにコンセプトをしっかり立てても
魅力的なものは出来ない気がする。

どんな仕事であっても、その中に自分が楽しめる部分を見つけて、
その中で思いっきり遊ぶ、ということが大切なんだろう。

そういう姿勢は、常に持ち続けたいと思った。




にほんブログ村 デザインブログ グラフィックデザインへ
にほんブログ村
by tbm18363 | 2009-07-02 23:30 | 佐野研二郎

佐野研二郎トークショー「攻めるデザイン」
編集 | 削除
MR_DESIGNを立ち上げて1年、
佐野さんが今どんなことを考えているのか知りたくて
青山ブックセンターへ。

200名ほど入った満員の会場で、
佐野さんは、いつものように大きな声でハキハキと
明快なデザイン論を展開する。

「白馬の王子様は来ない」
「名前が良いと、モノも良い」
「瀧本幹也の撮影はなぜ晴れるのか」
「美大生モード+親戚のおばさんモード」
「長嶋りかこに怒りマーク」
「黒ケンマスター・DRAFT」

などなど、タイトルを聞いただけでも
そそられるような話のオンパレード。

その中から一つだけ紹介。

「長嶋りかこに怒りマーク」

長嶋りかことは、博報堂の敏腕アートディレクターで、
元佐野チームの一員でもある。

かつて、ラフォーレの競合プレゼンで、
プレゼン当日の朝まで作業を行っていた佐野チーム。

集合時間にラフォーレに集まってはみたものの、
カンプ一式を持った長嶋りかこだけが、待てど暮らせど現れない。

何度ケータイに電話しても一向に出ない長嶋。

博報堂のプレゼン時間になっても連絡がつかず、
仕方なくラフォーレ側に事情を説明して
順番を後回にしてもらった佐野さん。

そしてようやく繋がった長嶋のケータイから、
“今、起きました…”の声。

仕方なく、近所の喫茶店で時間を潰す佐野チーム。

ようやく現れた長嶋に対し、佐野さんは…

バカヤロー!!と怒鳴るでもなく、
自分のこめかみに、マジックで大きく怒りマークを書いて
普通に迎えたのだそうだ。

その後のプレゼンに、そのまま臨んだ佐野さん。
クライアントから、“あ!”と大ウケされ、
結果、その競合プレに見事勝利したのであった。

怒りマークだけがプレゼンの勝因ではないだろうが、
そんなユーモアというか余裕のあるリーダーって最高だと思う。


これまでも何度か佐野さんの話を聞いたが、
今回アップデートされた内容が多く、
勉強と笑いに満ちた、充実の2時間だった。


↓会場で配られた地球ゴミ袋。



↓家宝。








にほんブログ村 デザインブログ グラフィックデザインへ
↑にほんブログ村ランキングへ
by tbm18363 | 2009-02-23 02:20 | 佐野研二郎

【検索】佐野研二郎 フォント
編集 | 削除
久しぶりにアクセス解析をしてみたら、
検索ワードのトップが「佐野研二郎 フォント」だった。
それも2ヶ月連続で。

佐野さんのフォントについて書いた覚えはないので、
なぜ!?と思いつつも、だったら期待に応えようかと思う。

佐野さんがよく使っているカクカクしたゴシックは、
AmarilloUSAFというフォント。(多分)
若干変形させて使っていることが多い気がする。

ただ、このフォントを使った時点で一気に佐野さんっぽくなるので、
デザイナーは滅多なことでは使えないのではないだろうか。

因みに佐野さんと言えば、「とろっ豆」に丸明オールドを使っているが、
裏の材料表記まで丸明オールドで統一されていて驚いた。

キャッチーなデザインで一般の人たちを釘付けにしつつ、
同業者達をも唸らせるこだわり。
さすが、ミスターデザイン。

そして、そんなパッケージを剥がして、
納豆のみを冷蔵庫に保管していたウチの嫁。
キミは本当にデザイナーの妻なのか…。







 GDブログ村
にほんブログ村 デザインブログ グラフィックデザインへ
by tbm18363 | 2008-11-21 01:44 | フォントについて

デザイン界のミスター
編集 | 削除
去年の暮れ、当時通っていたアートディレクター養成講座で、
『講師MVP投票』なる企画を思いつき、実行した。

アートディレクター養成講座は、
毎週著名なアートディレクターに講義や課題の講評をしてもらうのだが、
僕はいつもほんの少しの違和感を感じていた。

それは“教えていただいている"という空気感。

たしかに講師の人たちは業界では有名な方ばかり。
だが、こちらはただで教えてもらっている訳ではない。
ちゃんとお金を払っている。それも結構な額を。
(もちろん主催者が間に入っているのだが)

だったらちゃんとした講義をしてもらって当然じゃない?

むしろ、つまらない講義には
クレームを付ける権利だってあると思う。

でも、ほとんどの人はそうは思っていない。

“教えていただいてありがたい"
“遅刻してしまったら申し訳ない"

という空気が流れている。

きっと会社のお金で来ている人は、
そういう実感がないのだろう。

とにかく、そんな空気が嫌で思いついたのが、先の企画だった。
生徒にだって講師を評価する権利があるだろうと思ったのだ。

ただ、そんな刺々しい感じを前面に出しても誰も賛同してくれないので、
そこは厚めのオブラートに包んで、楽しい企画としてパッケージングしてみた。

その結果、40人以上の生徒が投票に参加してくれ、
結果、佐野研二郎さんがMVPに選ばれたのであった。

そして、その表彰を兼ねての懇親会を先日開くことができた。

佐野さんからしたら、
面識が無いに等しい生徒から、いきなりの懇親会への誘い。

にも関わらず、事情を伝えると快くOKしてくれた。

MR_DESIGNという事務所を立ち上げたばかりで多忙にも関わらず、
颯爽と自転車で、手みやげまで持って来てくれた。

超売れっ子にも関わらず、この気さくさ、
まさにデザイン界のミスターと呼ぶに相応しい人である。

途中から、博報堂の元佐野チームで、今年のJAGDA新人賞を受賞した
小杉幸一さんも登場し、大盛り上がりの懇親会となった。

ただ、ここでもやっぱり“拝聴してる"感が拭えない、
我らがアートディレクター養成講座の面々なのであった。

ま、今回は来てくれたことが奇跡だったから、
僕もちょっと恐縮してしまったが…。


by tbm18363 | 2008-04-28 03:15 | 佐野研二郎