FC2ブログ
2009.03.24 SoftBankのロゴ
SoftBankのロゴ
編集 | 削除
あのスッキリとした書体は、
大貫さんによると「平成明朝」を元にしているらしい。

誰でもPCで打てるような、
普遍的でニュートラルなものを目指したんだとか。

Garamondを元にしていると思っていたが、
平成明朝の従属欧文がGaramondなのだろうか。
(従属欧文とは、和文書体に付属している欧文書体のこと)

でも、和文書体の従属欧文はディセンダー(pやgなどの下にはみ出る部分)が
短いと聞いたことがある。だから長文を組むには向かないらしい。

日本人はまず気にならないが、
欧文に慣れ親しんでいる外国人から見たら不自然なんだろう。

アジアなんかで売られてる奇妙な形の日本語。
あれに近いものがあるのかもしれない。


因みに、大貫さんはSoftBankのマークとロゴを1日か2日で
作ったらしい。(孫正義おそるべし)

どこかのサイトで“ダサイ!”とか書かれていたが、
あのロゴって素人受けしないんだろうなと思う。

もっと未来っぽくてカチッとしたイメージを
想像するんだろうな。

デザイナーからすると、
そういう方が安易で恥ずかしいんだけど。

濃い味付けの料理みたいなもので、
すぐ飽きてしまうし。

何だって長持ちするのはシンプルなもの。



スポンサーサイト



中は読んだことがない
編集 | 削除
文庫本をジャケ買い。

ちょっと前から発売されている、
新潮文庫の限定カバーシリーズ。

4種類あり、白・黄色・ピンク・紺のツルツルとした無地に、
タイトルなどの文字が箔押しされている。

平積みの中でもダントツにカッコ良く、
物として欲しくなる存在感。

ピンクと白で迷ったが、
写真写りを考えてピンクを選択。
(中身は何でも良かった。僕が人間失格か?)

因みに今、書店の新潮文庫コーナーに展開されている手書き(風)POPは、
大貫卓也氏によるれっきとしたデザイン物。

初めて店頭に出たのは数年前。
特色インキを何色も使って、リアルな手書きのPOPを再現したもので、
メディアに回す広告費を抑える代わりに、こちらに予算を使って大々的に展開。
結果、POPを付けた本がとんでもない売り上げを記録したという、
半ば伝説と化しているアートディレクション。
Yondaと併せて、新潮文庫販促の財産となっている。

新潮文庫を2冊以上買うとYondaグッズがもらえるが、
個人的には、そのPOPの方が欲しかったりする。

by tbm18363 | 2008-08-26 03:24 | 大貫卓也