FC2ブログ
2009.11.26 デンマーク
先日、『アナザースカイ』という番組に
佐藤可士和さんがゲスト出演していた。

海外における第2の故郷ともいうべき場所を
ゲストが紹介するこの番組、
可士和さんが選んだのは「デンマーク」。

「お前、どんな車乗ってるの?」と聞く代わりに、
「お前、どんな家具持ってるの?」と聞く文化があるというデンマーク。

ヤコブセンの椅子は、ほんの数人の職人が
一つ一つ手作りするため、半年も待たされるらしい。

可士和さん曰く、デンマークでは、
日本でいう国会議事堂をはじめとする国の機関の建造物が、
いちいちカッコよくデザインされているという。
国として、そういうところからスマートにデザインしようという
意識があるらしい。

司会の今田耕司も、
「国会議事堂を見てると、絶対柱の陰とかで悪い話してる気がする」
と言っていたが、たしかに建物としてのイメージは良くない気がする。


デンマークは、所得税率50%、消費税率25%。
その代わり、医療費・教育費は無料らしい。

結果、国民の幸福度は世界第1位だとか。
(日本は90位)

政府はたくさん税金を徴収するけれど、
その分きちんと国民に還元していて、
国民は払った税金の使い道が正しいかどうかなど、
政治に関心が高いらしい。

なんかカッコイイな、デンマーク。

ただ、医療費無料はありがたいけど、
消費税25%って聞くと尻込みしてしまう。

まぁ、日本の消費税5%は世界最低水準なので、
デンマークの人達からしたら、そんなことで国が成り立つのかと、
逆にビックリだろうけど。

実際、予算の半分は借金なので成り立ってないし。

これ、一般の家庭だったら有り得ない話だもんなぁ。

こういう話を聞いていつも思うのは、
「で、オレはどうしたらいいんだろう」ってこと。

一つは「意識を持つ」ってことだと思う。

こういうことを考えるか、考えないかだけでも
だいぶ違うと思う。

たとえ考えが間違っていても、
考えていなければ、それすら分からないし。

あとは、やっぱり新聞読んで勉強して選挙に行くことと、
目の前にある自分の仕事をきちんとやって、
物理的にも経済的にも社会に貢献すること。


会社員時代には考えもしなかったけれど、
独立すると基本に立ち返るというか、
何のためにこれをやるのか、
これをやることで何につながるのか、
という根本をよく考えるようになる。



↓デンマークの国旗。なんか可士和さんっぽい。


スポンサーサイト



2009.03.31 今治タオル
今治タオル
編集 | 削除
佐藤可士和がCIを担当して話題になった
「今治タオル」を買いに、新宿伊勢丹へ。

売り場自体はそれほど広くないが、
種類が豊富。

柄の話ではない。

素材や織り方の違いで何種類もあり、
白いタオルだけで10種類近くある。

外国のホテルにあるようなタオルから、わたのようにふわふわなタオル、
ガーゼのようなタオルや、ごく普通の懐かしいタオル等々。

値段もピンキリで、フェイスタオルで800円~5,000円。
バスタオルで2,500円~20,000円ぐらいまで。

今回は人へのプレゼントだったので、
佐藤可士和デザインのグラデーションのミニバスタオルを購入。

自分用に買うお金が無くなったので(涙)、
息子用の小さな今治タオルをお土産に買った。

因みに、自分は無○良品のバスタオル(中国製)と、
頂き物の日本製バスタオルを併用しているのだが、
明らかに日本製の方が質が良い。

変な話、いつも3~4日は使って干しての繰り返しなのだが、
無○良品のタオルは、天日干しにしても段々匂いが気になってくるのに対し、
日本製のタオルは、まったく匂わない上に、吸水性も落ちない。

タオルなんて、今まで自分で買ったことが無かったが、
初めて買った無○良品がこの有様では、
次に買うときは絶対日本製にしようと思っているのである。


↓息子は7月生まれ。



にほんブログ村 デザインブログ グラフィックデザインへ
ブログランキング
by tbm18363 | 2009-03-31 01:27 | 佐藤可士和

2008.01.10 Kashiwa Sato.com
Kashiwa Sato.com
編集 | 削除
佐藤可士和氏のサムライのWEBサイト
オープンしていることを知りました。

ユニクロのWEBサイトに近い作りで、
(ともに中村勇吾氏のデザイン)
デジタルテイストながらも有機的な
美しいサイトです。

代表的な作品群が、
かなり大きなサイズで閲覧できるのもすばらしい。

その中で昨年末郵便局にて販売されていた
氏デザインの年賀状、
赤と白の大胆なデザインなど、
カッコイイ!というものもあるのですが、
「…?」と思ってしまうブッ飛んだデザインのものも。
もはや凡人には理解できない域なのかもしれません。

この年賀状、5枚入り500円で売られていたと思いますが、
一体どれぐらいの売り上げがあったのでしょう。
興味があります。

また驚いたことに、氏の作品集や掲載誌を
WEBから(リンク先で)購入できるのですが、
以前あちこち探しても見つからず、
北海道の古書店(のWEB)でやっと見つけて取り寄せた
『BEYOND』という作品集が先着数冊で新品販売されていました。

ま、いいんですけど…。

by tbm18363 | 2008-01-10 21:18 | 佐藤可士和