FC2ブログ
2007.08.31 上等
上等
編集 | 削除
仲條正義氏の講義にて。

仲條正義氏は、東京芸大から資生堂宣伝部を経て
自分の事務所を設立し現在に至るという、
当時の王道を歩んでこられた方。

70歳を過ぎた現在も、資生堂のTHE GINZAや、
雑誌『花椿』のアートディレクションを担当。
(手書きの指定紙で版下入稿されている)

仲條さんの話を聞いて思ったことは、
“感覚”をとても大切にしているということ。

アートディレクターは、アイデアやコンセプトを
言語化して相手に伝えることが出来なければいけないと、
多くのアートディレクターが言っているが、
仲條さんは自分の作品について語る際、
論理的な言葉をほとんど使わない。

作品のスライドを見せながら、

“最初こんな感じにしようと思ったんだけど、作ったらなんかイマイチだったから、
 ちょっと~してみたら、結構いい感じになってさぁ。で、こうなったのよ。”

“これは昔の作品だけど、今見ると何かこう良くねぇんだよなぁ”

などと、噺家のように説明する。
すごいのかすごくないのか分からなくなってくる。
(因みに受賞歴は数知れない)

理屈の通った綺麗なデザインはとうの昔にやり終え、
一周してこういう境地に辿り着いたのだろうか。

技法などの表面的なことよりも、
作品から滲み出る、品のようなものを大切にしている。

そしてそういうもののことを“上等”と呼んでいた。

“文字組なんかも時間をかけてちゃんとやると上等になるんだよ”
“あのデザインはやたら見かけるけど、あんまり上等じゃねぇなぁ”

仲條さんの言う、この“上等”という言葉の響きが、
僕はとても気に入ってしまった。

仲條さんは所謂マジメなタイプではないが、
その人柄は上等な感じがすごくする。

綺麗事や偉そうなことは言わないし、
生徒たちを見下すようなこともしない。

というか本気で“自分なんか君らと大して変わらない”と
思っていそうな節がある。
まさに実るほど頭を垂れる稲穂だ。

上等なものは、上等な人にしか作れない気がする。
上等な作品を作るには、まず人間自身が上等になる必要がある。

下等は簡単だが、上等は難しい。

上等なふりをしている人はたくさんいるが、
本当に上等な人は少ない。

本当に上等な人になるためには、
下等な自分を認める勇気が必要な気がする。

さぁ、自分に出来るか。
by tbm18363 | 2007-08-31 00:49 | 仲條正義

スポンサーサイト